ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【My Fresh Fish】 | main | 『2016 X'MAS』 >>
2019.03.21 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.12.16 Friday

【My Fresh Fish☆其の2】

前略、皆様。

今日は一段と寒いですネ!朝”相方”の『ボディボード☆先生のスクール』に行って来ました。今日は”相方”と”KYRA”の為に「AOI先生」が開催して下さいました。’サンライズ’はかなりハードコンディションでしたので’太東’に移動して2時間ミッチリ指導して頂きましたよ。僕も「AOI先生」の横で浜にずっと立っていましたが2時間立ってると会話が出来なくなるくらい寒かったですよ(大笑)!!!

 

さて僕の《SBA CHAPTER1☆My Fresh Fish》届きました。「かなりイイ感じに出来て来たので今から”Bali”で使うの楽しみです。」まだ”Bali”まで1ヵ月あるので…それまでに慣れて行けると思うし…今からワクワクしていますヨ!

 

コンセプトは『TwinFinで何処までやれるか?!!』でまずはパフォーマンス出来る’Twin’という事を意識して作ったのが《My Fresh Fish》です。普通の「RETRO FISH」よりもスリムな為、正直ビジュアル的には’RETRO感’が感じられないモデルですネ!その分、中級者レベルのアマチェア・サーファーなら’Twin’で十分パフォーマンスを発揮出来るように仕上がりました。僕と同じように’TwinFin’でパフォーマンスをしたい方には是非お勧めの”Surfboard”でと思います。

 

 

この’Surfboard’は、乗り手一人ひとりのサーファーに合わせて仕上げて行くタイプのサーフボード御です。決してオーバーフロー気味に乗るサーフボードではありません。通常使用しているサーフボードよりも2インチ短めを選んで頂く以外は”COMP*BOARD”と同じような感覚でスペックを決めて下さい。『中〜上級者の方には、最高のパフォーマンスが発揮出来るでしょう。』

 

 

参考までに、僕のスペック(170.0cm63.5kg)で5’8”×19'13/16×2'3/16です。通常使用している「RETRO FISH」よりもかなり細めで薄めですが…”フロー”を保つ為’Flat Deck’気味のボキシー・レールにしています。

 

 

’NOSE’は「Eagle Nose」ではありません。また’NOSE Rocker’を変える事無く「’NOSE’キック」のみ上げています。

また’BOTTOM’は今回はコンケープを入れずに「フラット」で仕上げています(コンケープのリクエストは自由です)。

 

 

 

’TAIL’は「テール・エンド」を”30.0CM”に保ちました。”FIN”の位置は、テールの『大きさ』や『股割れの深さ』に寄って設定が変わりますけど、通常よりもほんの少し後ろにセットしてターンをした時の安定感を重視しました。

 

 

最後に、こちらの”SURFBOARD”は《2017 SBA CHAPTER1☆NEW MODEL》にラインナップ予定のモデルになります。現在リリースされている《SBA CHAPTER1☆SURFBOARD》の中では一番パフォーマンス性の高いサーフボードなので、どちらかというと中〜上級者の方に乗って頂きたく、自分の身体や技量に正確に合わせて乗って頂くモデルで…より『軽量に仕上げたサーフボード(このモデルは軽量感を得る為すべて”ドライサンディング”仕上げになります)』はパフォーマンスを十分発揮してくれるモデルとなっています。初心者の方はカービングしやすいモデル・通常の《Fresh Fish》《Cantii Fish》でグライド感を味わって…次のステップとして考えて貰えると嬉しいです。

 

 

次回は、実際に乗ってみた感想を”blog”します。本質は…

《”グライド感覚”と”カービング”こそサーフィンの『文化』だと思います!そんな事を皆と一緒に波乗りしながら楽しみたい!》

です。

 


《今日も一日、平平凡凡 皆さん元気で頑張りました…「明日も、皆さん頑張りましょう。日曜日は海行きますよ!!!」》

2019.03.21 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR