ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 《早起きは三文の徳》 | main | 【僕のサーフカルチャーの始まり…】 >>
2019.03.21 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.11.04 Friday

【たかがサーフィン!されどサーフィン!!】

前略、皆様。

水曜日の日に友達と海に行きました。「最近付いてないなぁ!」と思う。日曜日は寒くて波もプアー・行ってない月曜日と火曜日が良くて・行った水曜日が真冬の寒さと北東の風でダメ・木曜日は陽気も良く風も無くイイ波…神様が「少しハードなコンディッションでサーフィン練習しなさい。」と言っているようです…「イイ波乗りたいなぁ。」10月の最後の数日から11月になって急に寒くなってしまいましたネ!「秋が無いのは今に始まった訳ではないけど、ちょっと淋しいですね…」そう言えば、”秋の大運動会”を思わせる音も”金木犀”の香りも街中では、気がつかないうちに過ぎてしまった気がします。

 

 

近頃、

相方と自分達のやっている事への再確認+再認識を求めて、今一度振り返る作業をしています。これって前に進まない事が多く…更に「本当に正しい事をやっているのぉ?」という不信感にも繋がり…結構、自己嫌悪に陥る事が合ったりして、落ち込んだりしたりする瞬間があります。結果…

 

「やるっかない!!!」って答えにはなるのですが…”サーフィン”と”アメリカ”を知って40年、随分『型』が変わりました(大笑)

 

”亀”より遅いスピードで前に進んでいる「私+相方」、皆さんに「よ〜く」観てて貰わないと変わっている事に気づかれないかも知れません。「あの…5秒位で1箇所だけ絵柄が変わるクイズ。」あれみたいなモノですから…注意して「よ〜く」「長〜い」目で観てて下さいネ!きっと、ちょっとづつ(以前)良くなっている事・進歩した点が観えて来ると思います。「今、写真撮って…3年後の写真と照らし合わせると…」「わぁ〜ホントだ。随分変わってるやん!!!」みたいに(喜笑)。

 

 

【たかがサーフィン!されどサーフィン!!】2008/05/14'blog'Base!


 

TOM1-1.jpg

 

 

少し前、アニカ・ソレンスタムが今季限りでの現役引退を表明致しました。
彼女は、女子ゴルフの前世界ランキング1位で、米ツアーで歴代3位の通算72勝を挙げている37歳(当時)スウェーデン出身の選手、記者会見で「ゴルフの試合が大好きなのでとても難しい決断だったが、人生で優先したいことがほかにも多くある」などと心境を語っている。
実に贅沢と言えば、贅沢な話なのだが、全く逆の話しは先日現役に復帰した伊達公子さん。「今の日本の若者にもっとガムシャラになって欲しく、私のコートでの試合を見て感じて欲しい。」との事であった。


全然、違う話しかも知れないけど、『鯨とメダカ』と言うテレビドラマが放送され、75歳で大社長の老人が突如会社を辞めさせられる(特に何をしたという訳ではないが)事になる。金は腐るほどあるが、仕事以外何をしたら良いのか解らない彼が、働いても働いてもお金はないが家族や友達に守られている人達と触れ合うドラマであった。「どっちが幸せ?」を問いていた。

そうかと思うと以前、サンデープロジェクトと言う番組で昭和と今を問う!!若者57人と不破・中曽根・土井といった昭和を代表する政治家が出演して若者と人生観についての討論であった。時代観が出てて面白い討論だった事を今も思い出します。

 

人間の『人』としての価値観は『時代』が変わると『人生』の考え方や『価値』も違ってしまうんだろうなぁ。

 

僕は思うんだけど、人生においてひとつの事をやり続けられる人って「立派だな〜ぁ!!」僕は”サーフィン”も”仕事”も凄く遠回りしているし色々なモノに手を出しては中途半端に終わっている(苦笑)!!!


アニカの様に過去(終わろうとしているゴルフ)に終止符を打ち違うモノに進んで行ける人なんて”一握り”だし、そんな姿は素晴らしいしラッキーだとも思う。『人間』一生を通じてそんなにたくさんの事が出来る訳じゃないのだから、まず『ひとつひとつ』をクリアして生きて行く事が大切だと思う。伊達さんの様にもう一度、自分を高いステージに追い込もうとするパワーも手本にしたい。自分の限界を自分が一番知っていて、分かっていながら以前よりも自分を過酷に追い込めるのだから……

 

”トム・カレン”が一度引退して復帰しトライアルラウンドから出場しワールドチャンピオンになった。昔はWCTもWQSも無かったからひとつの試合に10回以上も勝たないと優勝出来なかった。それを彼は1年間やり続けた。神がかり的だったが、その影には計り知れない努力があったのだと思う。

 

 

ひとつの事を真直ぐ進む事は難しい事だと思うけど『残された人生!!』”仕事”と”サーフィン”を両立しながら大切に一歩一歩”亀”のようなスピードでも前を向いて歩んで生きて行きたい。  

 

「今日も一日、平平凡凡 皆さん元気に頑張りましょう。」

 

 

2019.03.21 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR