ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Bob Dylan | main | 《早起きは三文の徳》 >>
2019.03.21 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.10.15 Saturday

『日本人として』

前略、皆様。

昨日、ヒョンな事から『The Cove』の続編では無いのですが日本人の監督(八木景子監督)に寄って作られた『Behind"THE COVE"』が上映されるニュースを耳にしました。

 

ふと…

僕が2007年にブログを始めた頃の2回目の”blog”の記事を思い出しました。今日は『The Cove』の説明以外は、僕が2007年の12月に書いた”blog”をそのまま掲載致します。

 

『ザ・コーヴ(The Cove』は、2009年に公開された”ルイ・シホヨス”監督のアメリカのドキュメンタリー映画で、和歌山県太地町で行われている’イルカ追い込み漁’を描いたモノです。ちなみに’コーヴ’とは「入り江」の意味です。この作品は、2009年度*第82回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞など数々の賞を受賞した作品です。

 

そして今回・続編というより(続編というと誤解を招いてしまうので…)ちゃんと「双方の意見に立ち」問題を考えられるようになっている。『ザ・コーヴ』にイライラしていた方にとっては『ビハインド・ザ・コーヴ』は「答えを示してくれている」貴重な作品のようです。すでに観られた方の意見としては「よく言ってくれた」と思う方が沢山おられるのではないか…と??!

 

ただ最終的には、問題定義が余りにも大きくサブタイトル通り「〜“捕鯨”問題の謎に迫る〜」となってしまい、根本のイルカ漁の問題がおざなりになっている印象だそうです。おそらく、今回は日本の監督(八木景子監督)に寄る作品なので日本でも各地で上映されるようですよ。”鯨”と言えば千葉県和田も有名ですネ!こちらでも11月に特別上映が行われるようです??!ここまで書いておいて「あまり興味がない?」もあんまりかも知れませんが…「取り敢えず、僕…人や動物が死んだり・血が出たりするのが苦手なので…観れません↓根本の問題に対しては自分の意見はありますよ!!!」

 

 

僕がこの時…感情的になった理由としては、サーファーとして敬意持つ”Dave’Rasta’Rastovich”が日本に来なくなって原因がこの事なのか?どうか?は詳しく解りませんが、お互い(日本人:彼)良いイメージで無くなった事は…↓よく考えれれば、反捕鯨団体やシーシェパードの人たちは「極端な考え方を持つ人」の集まりな訳で、それに属していない僕らは「どちらでもない」中立的な意見を持つことが多いのではないでしょうか?ただ『日本人として』耳を背けてはイケない事の1つである事は間違いないと思うし、ちゃんと自分の意見を言える『人』でいたいと思う!!!

 

今日も一日、平平凡凡 皆さん 元気で頑張りましょう。「明日、海に行きます!イイ波でありますように…」

 

 

【ここからは『2007年12月12日』に書いた”blog”です!!!】

 

【日本人として】2007/12/12'blog'Base!

 

 

『日本人として』知っていて貰いたい話であり、少し真剣にみつめて欲しい話しだったので初めての方は是非読んでみて下さい。“YouTubE”を観る?観ない?は別として……

今日(随分前の今日になりますが…)はちょっと、ショッキングな話がありました。そのまま”YouTube(映像)”を付けても良かったのですが…あまりにも深い問題なので「ご自分でよく考えてから画像を開いて頂けたらと思いました。」

rastarblog

今回『DAVID RASTOVICH(ラスター)』が日本にやって来た中で行なわれた事です。僕は彼がLIVEやDVDのプロモーションの為に日本に来た事の片隅で…こちらの彼も、皆さんの心に残して貰えたらと思っています。本当の彼を知る事で……人を尊敬したり?嫌いになったり?出来る事だと思います。

25年ほど前に、オリビア・ニュートンジョンと言う人が「日本は”イルカの漁”をすると言う事を知り、来日をキャンセルした事が有りました。」音楽関係やマスメディアは一斉に報道し、賛否を呼びました。勿論、コンサートを楽しみにしていたファンの中にも賛否があったと思います。

イルカ1

25年経って同じような事が起こり、ニューヨークタイムズや世界の色々な所で大きな問題として取り上げられる中、ジャパンタイムズのごく小さな部分でしか取り上げられなかったこの事に”日本人”を感じました。

卑怯かも知れないけど……


僕には僕の意見や気持ちがあり『ラスター』の気持ちも『漁をする人』の気持ちもある(理解出来る?出来ない?は別として)と思います。僕は特に“PEACE”とか“ECO”を主張する人間でもないし“自然”に対して前向きに考えている人間でもありません。ただ軽はずみに、そういう事を口にする“人”や“企業”は何となくキライな気がする…↓その程度…


自然や動物・地球や人間。戦争と平和。日本人としての自分。親として…子供として…。若者・お年寄り。サーファーと海!!!
でも「人間として」「親として」「日本人として」最低限”自分の中の考えや常識”を作り出して生きて行けなければならない事がありますよね!!

最後にこの”Youtube映像”を絶対に面白半分や興味本意では観ないで下さい!!『The cove』自体が12歳以上の制限がかかったドキュメントです。お子様と一緒には観ないで下さい。またお子様にお観せになる場合は必ず親として説明が出来・子供に教育出来る意見を持ってお観せ下さい(当時:KYRA12歳)。「知っていて貰いたい気持ちと…広げなくてよい気持ちが…正直あります。」


観られる方は“いるか”をクリックして下さい。

いるか

人である事ですらイヤになるけど、前を向いて考えて行かないと何も変わらない。『日本人として』
How can you help?

2019.03.21 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR