ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『僕のサーフカルチャー!!!』 | main | 『心苦しい一日…歴史に幕?』 >>
2019.03.21 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.10.07 Friday

【Sabbiasurf☆コーチジャケット】

前略、皆様。

 

【Sabbiasurf☆コーチジャケット】


スポーツ競技の際、ベンチに座る監督が着ることから、コーチジャケットと呼ばれることになったブルゾン。ナイロン製が多く、軽量かつ暖かい…

 

 

僕の”独断と偏見”で作る『洋服アイテム』には欠かせない存在…。すべてのアメカジ☆ブランドから曲がりなりにも1つは出ているはず…僕は、スケーターがこれを着てジャ〜ジャ〜とプッシュして町中に消えて行く姿が好き!SK8だけはトラウマでまったくもって出来ない事もあって余計にカッコよく観えてしまうのかも知れない。サーフボード片手にSK8をプッシュして海に向かったり・サーフショップに向かう姿もイイですよネ!

 

極論を言えば「これ1枚あれば、真冬だって過ごせちゃうから便利!!!」

 

コーチジャケットの基本ナイロン100%は、外の空気を中に通さないので、暖かさは100点満点・おまけに雨にも強いしネ!但し、汗を外に出さないから汗をかいたら中はベチョベチョ(笑)。だけど、お手頃価格なのでそこは仕方ないよネ!

 

決められた形の中で、色々なブランドが競い合うかのように色々なプリントを出しているのも面白い。僕は長い間『当時の”Stussy”のコーチJKT』を着ていました。かなりボロボロになるまで着ていたと思う。僕の作る第1作目のコーチJKTはそんな大それたモノではありませんが、なかなかの仕上がりに出来た感がありますよ(自分で言うのも何ですが…)。

 

 

このベースの機能性の所を語ると、撥水コーティングがしてあるので雨にも強く、裏地もポリエステル100%のトリコット起毛を使っているので寒い時期に着た時の裏地の冷んやり感は無いと思います。機能性は偶々ですが、形(シルエット)もバッチリ…!!!

 

《Bali☆Serangan》

 

プリントは、フロントが《クラッシック*ロゴ》。バックプリントは《身のなる木》を選びました。《身のなる木》は”裸で聳え立つ大木”が僕は大好きで「ある日、その場所に戻ると沢山の”身”や”葉”を着けて聳え立つ姿に変身する木々の素晴らしさを感じます。そんな力強い木々の姿を自分に置き換えて『頑張ろう!』と感じさせてくれる。」瞬間を描きました。このプリントは、自分でもすごく”気に入っている”ので多くの作品に描いてます。

 

 

”モデル”と”白い犬”は今一だけど、なかなか良い仕上がりに作れたと思います。

 

 

「若者が着るとこんな感じになるのかな…??!」

 

 

今日も一日、平平凡凡 皆さん 元気に頑張りましょう!!!

 

PS.〓 同時に、過去の記事も投稿し直してます。「↓ご覧下さい。」

2019.03.21 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR