ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【たかがサーフィン!されどサーフィン!!】 | main | 3個の峠(苦笑)!!! >>
2019.03.21 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.11.05 Saturday

【僕のサーフカルチャーの始まり…】

前略、皆様。

そう言えば「サーフィン初めて40年くらいになるなぁ〜!」なんて話していました。いつからこんなにハマったんだろう?なんて…「毎回この’blog’を読み返えすと懐かしく思う(笑)!!!」誰もが何かにハマる瞬間ってあるけど、それって本当に素晴らしいと思う。

 

【僕のサーフカルチャーの始まり…】2007/08/20'blog'Base!

 

CHINNEN&ORE1

「今まで何でサーフィンを続けられたのか自分でもよく解りません?」一緒に始めた仲間ですら 僕が“サーフィンを一番長く真剣に人生の終盤までやる”と思ったりはしなかったはず、ましてや“サーフショップをやる”と思ったりはしなかったでしょう?

 

高校の時、野球で『近大付属』に入りました(プチ自慢)3年間…いや子供の頃から野球少年で野球しか知らず、引退してポカンと穴が開いたような生活を続けていました。

たまたま同じクラスで前の席に座っていた当時では珍しく、高校生サーファーでライダーをやっていた“珍念”って言う奴がいて、マルっきりそいつの影響でサーフィンを始めました。初めは他の同級生と行っていたのですが今一……、野球に変えられる感動を感じられる事はなかった。高校3年の冬に“珍念”から「一週間、鳥取に行かへんか?」と誘われた。何となく「行く!」って返事をして2人で鳥取に向かいました。

 

車の中で‘パブロクルーズ’‘セシカポ’‘カラパナ’‘スタッフ’‘アレッシー’‘ニールヤング’…とフォークソングしか聴かなかった僕には衝撃的だった!改装されたブルーバードのバン。内張りにはベニアが敷き詰められインパレはすべてウッド、車の中で完全に寝れるような装備になっていた。

 

この時の旅は、神様が僕にカルチャーショックを与えさせてくれた旅(でも思えば、ここから僕のサーフカルチャーの始まり)だった。まだ『直線ライダー』だった僕に夢を与えてくれる様に‘はくと’‘サンはくと?’‘さかのつ’‘ふな・・?’もう覚えてないけど、日一日とサイズアップする波が、毎日風は合い面つるで最後の日へと続いた。朝起きて海を見るとダブルくらいのグランドスウェルが押し寄せていた。『直線ライダー』の僕も日に日にサイズアップするので段階を一段一段踏み入れる様に上手くなり、この日も何とかアウトには出れる様になっていた。”珍念”が奥から「白波瀬〜行くぞ!」と言って僕がパドルを止めると僕の真下を彼が通り過ぎて行く光景を何度となく観た。決定的だったのは その日の彼の1本のライディングだった。ゲットする僕の真ん前をスタンディングチューブで抜けて行った彼の姿を見た瞬間……。僕は下手なりにサーフィンを辞める事は無いんだと確信していた。

 

結果的に僕は、一つの事にドップリ浸かる性格じゃないのと、超スーパーミーハーなのが今の自分のサーフィンレベルを象徴している気がする。プロとかにも成りたかったけど努力もしなかったから成れっこないし、いつも仲間の中では一番下手くそだった…でもそれはそれで楽しく過ごせたし後悔はしていない……歳を取って感じるのは、こんな僕でも海に行くと声をかけてくれる『仲間』がいてそれも年齢は様々。僕みたいなオッサンが若い子と共通の話しが出来るのは本当にありがたい事だと思う。

 

「今思うと僕はラッキーだった!!!」

 

選手とか・ライダーとか・お店の人とかと言う観点からでなく、あの時”珍念”と出会い、『ラビット』『バテンス』『ショーントムソン』『トムカレン』『オッキー』『マーチンポッター』…をオンタイムで見れた事…そしてサーフィンと言うカルチャーに出逢えた事に感謝しています。


僕は『SABBIASURF』という小さなお店と『SBA CHAPTER 1 SURFBOARD』という超アンダーグラウンドなブランドに乗って『DOUGHNUTNECKLACE』を通じて多くの”友”と知り合い”和”を広げ、『サーフィン』というカルチャーを今度は僕が皆様に伝えて行けたら”幸福”です。

 

 

この『S30(1960)』では、”昭和30年代の僕”が好き勝手に書いてみようと思いました。何をどう書いていつ書くかも決めていませんが、書きたい事を僕の言葉で素直に書いてみたいと思います。宜しく…

 

 

上の写真は“神様が僕にカルチャーショックを与えさせてくれた旅”から帰って来た日の夜自宅(大阪箕面)にて、左が”珍念”、右が僕…この時からが 『 僕のサーフカルチャーの始まり…』

 

《”珍念”が、教室の教壇にデッカイ・ラジカセを置いて”爆音”でこの曲を流した時もショックだった!!!》

 

 

今日も一日、平平凡凡 皆さん元気で頑張りましょう。

2019.03.21 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR