ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2019.03.21 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.12.30 Friday

“Chapter1Beach Wear”-ONE WAVE jkt.2-

前略、皆様。

先日・2017年2月発売の”Late Model” -ONE WAVE jkt2- の打ち合わせに’Excel’の”小和田氏”の所へミーティングに伺いました。”小和田氏”とは何と一番初めの『SABBIA cafe&surf』のオープン時から”アパレル”制作する際にはいつも手伝って貰っていて「何と”オープニングTee”や”Stuff ポロ”を作ったのが始まりです。」だからカレコレ27年近くの付き合いとなります。

 

 

しかも僕が1年間”千葉の海沿い”にお家(うち)を借りて住んでいた事があったのですけど…そのお家の目と鼻の先に”小和田氏”のプリント会社である’Excel’があるので、この辺の道はかなり懐かしく感じながら通っています。

 

《 ”RENくん” + ”相方” 》

 

 

【“Chapter1Beach Wear”-ONE WAVE jkt.2-】

 

久しぶりに”jkt”を作るので少し外したくない感が出てしまい制作に時間が掛かってしまいましたが、前作の”ONE WAVE jkt”も自分を上手く“表現”出来て支持を受けていたので…今回も”自分っぽい”デザインに仕上げました。

 

《”僕” + ”小和田氏”》

 

《必ず、この後こうなります…笑》

 

 

《 僕が付き合っている同年代で一番 = 仕事が早く 間違い”ゼロ”の人→喜笑 》

 

そんな訳で…仕事はテキパキと進み、僕も自分自身がまるで仕事の出来る人に変わったような気がしてしまう瞬間でした。年末とあって、僕も”小和田氏”もバタバタ忙しかったのでいろんなお話しも出来ませんでした(僕が遅刻しました→御免なさい)が2月の”inter style”でお逢いした時にでも話しましょう。

 

 

 

 

その前には、皆さんに“Chapter1Beach Wear”-ONE WAVE jkt.2-をお観せ出来ていると思います。年明けに”小和田氏”の手を離れ僕の所に戻って来たら”僕ら-Chapetr1-が少し手を加えて…2月中旬頃には《Sabbiasurf》’店頭’+’Online store’にラインナップされていますよ!「こうご期待!!!」

 

それでは…”小和田くん”宜しくお願いします!!!

 

 

《今日も一日、平平凡凡 皆さん元気で頑張りましょう。…「明日は、いよいよ大晦日ですネ!!!」》

2016.12.02 Friday

”Chapter1Beach Wear”

前略、皆様。

12月2日…早くも1日過ぎて残すところあと30日。2017年を迎えるとすぐに『Surfing倶楽部☆Bali Tour』が始まってそのあと『Chapter1 Surfers Accessory』撮影や”2017 New-Model”のリリースになります。「う〜。来シーズンも追い込まれてしまうのかなぁ???」「それもこれも今が追い込み時!!!今のうちにちゃんとやっておけばそんな事はないのですけど…それがなかなか上手くいかないのが私…」「ホント、何年経っても仕事の出来ない男です。…けどだから、この業界のマッタリ感が大好きでやらせて頂いてます(大笑)!!!」

 

今日は僕達『Chapter1』が細々くやっている”Chapter1Beach Wear”のご紹介…そもそもこのウェアのコンセプトは’海に気軽に来て行って貰えるウェア’でスウェットを中心に作っています。僕達『Chapter1』が駆使して出来る事と言えば”ビーズ”と”チロリアンテープ”を使う事なのですが…これもだいぶん年月を重ねて来たのでちょっとづつ板について来た気がします(笑)。ドンドン良くなってくると思いますよ!

 

《すべて1個1個、丁寧に僕が付けています。→自分に言い聞かせる意味(1点1点ウェアに心込めて)にもしています。》

 

今回はそんな中”ド定番”の『10オンス起毛のZIPアップパーカー』をご紹介します。こちらは始めた当初からある’ZIPアップパーカー’で作るたびに改良を重ねて少しづつ良くなって来ましたが今回最後の改良となりました(自分でもかなり満足いってるので…満笑)。

 

《ジップ*チャーム作りました。》

 

《着けたらこんな感じ…「定番パーカーには付いていますよ!!!」》

 

《フードの紐が”うどん”にならない(笑)左側「僕らのニコちゃん*マーク」右側に「CHAP1」の”印字入りビーズ”が着きます。》

 

《フードをかぶって風避け時には、こんな感じになります。→印字は勿論”chapter1相方”のハンドメイドです!》

 

プリントは「ロゴ」「マーク」「ロスト ジェネレーション」「ワンマン ワンウェーブ」の”ド定番4型”です。他にも「ロゴ」と「マーク」には胸に”SURF BOARDERS”のワッペンが着きます。「ロスト ジェネレーション」のバックプリントは”スパンコール”を着けました。またすべての袖口にも”SURF BOARDERS”の’発砲プリント’入りです。

 

 

 

こちらの商品は『Chapter1』のお店に観に来て下さい。

《SHOP SITE》でのお求めは12月下旬になります。少し”time-lag”がありますがご了承ください。

 

 

《今日も一日、平平凡凡 元気で頑張りました。明日も皆さん、平平凡凡 一日元気で頑張りましょう…》

2016.11.19 Saturday

“Sabbiasurf Peaceful World”

前略、皆様。

今日は朝から雨が降ってましたネ!幸いな事に出勤して来る時は雨がちょうど止んでいたので自転車で来る事が出来ました。明日は快晴で気温も一気に上がり20℃くらいあるらしいので”海に行くのが楽しみです!!!”

 

最近、洋服を作っています。作ると言っても素人なのでリメイクしたりプリントしたりって感じですが、一通り《海で楽しく着れる》くらいのアイテムは作ろうと思っています。以前から少しづつ作ってはいたのですが、そろそろ定番品は揃えておこうと思いそんな”アイテム”から初めています。

《今回はこちらの“Sabbiasurf Peaceful World”についてちょっとお話しします。》

 

 

 

僕がまだ”幼稚園”か”小学校低学年”だった頃に、家族で『宝塚遊園地(ファミリーランド??)』に行けるのが楽しみでした。「宝塚」は”あの宝塚”です(笑)プールやコーヒーカップそれに「マジックハウス」っていうのがあって「マジックハウス」は中に入ると部屋がグルグル回転する仕掛けになっていて…凄く気分が悪くなる乗り物でしたけど、そう思っても何回も乗った覚えがあります。「実に今でも不思議な気がします???」夜まで遊んで家族で食事をして楽しく過ごした思い出があります。

 

 

その頃、ひと際感動したのが…

 

日本人がアメリカのディズニーランドに行くのがまだまだ夢だった1960年代に”イッツ・ア・スモールワールド”をパクって《世界はひとつ》と命名した衝撃的な乗り物がありました。

 

《これに乗ってひと回りする世界旅行!!!》

 

《この写真は僕の”幼少期”に乗ったヤツより進化していますね??!→もう少しモッサかった気がします。》

 

それから何年もの月日が経ち今では”本家本元”の『イッツ・ア・スモールワールド』が’東京ディズニーランド’で乗れるようになりました。僕も実は”東京ディズニーランド”で’イッツ・ア・スモールワールド’に乗るまで、あの当時の《世界はひとつ》を忘れていました。「感動したし…子供の頃に帰れた気もしました!!!」

 

だけど何故か…その時、僕の頭(心)に流れて来た”唄”が…???"

 

"Louis Armstrong”さんの『What wonderful world』でした。満更間違ってはいないと思うけど”宝塚”でこの曲が流れていた訳でもないし「何故か、その時の思いを思い出すとこの曲が頭の中に流れて来ます。」

 

けど思いは”一つ”やっぱり《世界はひとつ》だったのではないでしょうか?あの頃を思い浮かべると、何とも言えない空間での”音”や”香り”が頭を過ります。”sabbiasurf”という小さなお店に足を運んだ人が「何となく…”peace”な気持ちに慣れたら…」という思い込めて《peaceful world》としました。”peaceful world”は完全思いつきで→笑。僕独自の日本語英語が結構多いので、あの時(1960年代)に宝塚が「世界はひとつ」と名付けた人と同じフィーリングです(喜笑)!!!あの幼少期に感じた宝塚の《世界はひとつ》のような”sabbiasurf peaceful world”になりましょう。

 

 

 

《今日も一日、平平凡凡 皆さん元気で頑張りましょう!!!『世界はひとつ』&”sabbiasurf peaceful world”》

2016.10.07 Friday

【Sabbiasurf☆コーチジャケット】

前略、皆様。

 

【Sabbiasurf☆コーチジャケット】


スポーツ競技の際、ベンチに座る監督が着ることから、コーチジャケットと呼ばれることになったブルゾン。ナイロン製が多く、軽量かつ暖かい…

 

 

僕の”独断と偏見”で作る『洋服アイテム』には欠かせない存在…。すべてのアメカジ☆ブランドから曲がりなりにも1つは出ているはず…僕は、スケーターがこれを着てジャ〜ジャ〜とプッシュして町中に消えて行く姿が好き!SK8だけはトラウマでまったくもって出来ない事もあって余計にカッコよく観えてしまうのかも知れない。サーフボード片手にSK8をプッシュして海に向かったり・サーフショップに向かう姿もイイですよネ!

 

極論を言えば「これ1枚あれば、真冬だって過ごせちゃうから便利!!!」

 

コーチジャケットの基本ナイロン100%は、外の空気を中に通さないので、暖かさは100点満点・おまけに雨にも強いしネ!但し、汗を外に出さないから汗をかいたら中はベチョベチョ(笑)。だけど、お手頃価格なのでそこは仕方ないよネ!

 

決められた形の中で、色々なブランドが競い合うかのように色々なプリントを出しているのも面白い。僕は長い間『当時の”Stussy”のコーチJKT』を着ていました。かなりボロボロになるまで着ていたと思う。僕の作る第1作目のコーチJKTはそんな大それたモノではありませんが、なかなかの仕上がりに出来た感がありますよ(自分で言うのも何ですが…)。

 

 

このベースの機能性の所を語ると、撥水コーティングがしてあるので雨にも強く、裏地もポリエステル100%のトリコット起毛を使っているので寒い時期に着た時の裏地の冷んやり感は無いと思います。機能性は偶々ですが、形(シルエット)もバッチリ…!!!

 

《Bali☆Serangan》

 

プリントは、フロントが《クラッシック*ロゴ》。バックプリントは《身のなる木》を選びました。《身のなる木》は”裸で聳え立つ大木”が僕は大好きで「ある日、その場所に戻ると沢山の”身”や”葉”を着けて聳え立つ姿に変身する木々の素晴らしさを感じます。そんな力強い木々の姿を自分に置き換えて『頑張ろう!』と感じさせてくれる。」瞬間を描きました。このプリントは、自分でもすごく”気に入っている”ので多くの作品に描いてます。

 

 

”モデル”と”白い犬”は今一だけど、なかなか良い仕上がりに作れたと思います。

 

 

「若者が着るとこんな感じになるのかな…??!」

 

 

今日も一日、平平凡凡 皆さん 元気に頑張りましょう!!!

 

PS.〓 同時に、過去の記事も投稿し直してます。「↓ご覧下さい。」

Powered by
30days Album
PR